2008年08月15日

爺ちゃん作の指輪。

歯科技工士だったお爺ちゃん。
今は、仕事は引退して
剣道の先生を現役続行中の85歳。
…86歳??

終戦後は、シベリアに抑留されていた。
なかなかその話には触れない。
面白おかしい話を数話聞いただけで、
愚痴っぽい話も聞かないし、
彼は、どうやって自分の中で処理してるのだろう?

今日は終戦の日。
彼の中で、終戦は迎えてるのかしら?

技工士の爺ちゃんがお仕事中に、
お婆ちゃんに作ったリングがあると
小耳に挟んだので、探して貰った。

彫金の世界では、技工士上がりの人も多いらしい。
話を聞けば、作り方は待ったく一緒だし、
技工士さんは、器用だしね。

私は「鋳造」が自分で出来ないので
工場に出してしまうけれど
爺ちゃんは、「型作り」「鋳造」「磨き」
全部自分でやってる。
全てハンドメイド。

0815-1.jpg

右のごついのは、爺ちゃん作。
左の細いのは、私作。

爺ちゃんいわく、
「ただの丸じゃ詰まらんかろ〜が?」って事で
一応、模様を入れたらしい。
一応、形も変えてみたらしい。
(苦笑)

「爺ちゃん作のリングがあるよ」
って話を聞いた時は
リングを地金にして、作り直そうかと思ったけれど
これは、これで素敵なので、そのまま頂いた。

手を加えたら、駄目な気もした。

婆ちゃんは、
「私、金の色は嫌いなのよねぇ…
だからプラチナがよかと〜♪」
ってなわけで、この指輪も
ママが学生時代に、つけていたらしい。
で、婆ちゃんに返したけれど、
やっぱり婆ちゃんはつけなかったみたい。
薬指にプラチナのリングはつけているけれど…(苦笑

今は、孫の私に。

私の手には、
自分で作ったリングと
爺ちゃんが作ったリング。

なんか、こうゆうの素敵だね。

ママの幼馴染が、私が作った作品を見て言った。

「みぃは、爺ちゃんと同じ道に進んだねぇ〜!
その血があったわけね〜!!!」

どうやら、隔世遺伝らしい(笑


残す物があること、
残せる物があること、
なんか素敵だ♪

posted by みぃ at 16:41| Comment(5) | TrackBack(0) | 彫金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月17日

彫金 5作目

last.jpg


釣りが好きな、学校のお友達へ…。

製作期間、約1ヶ月。

釣り針は、当初、
本物を入れようと思ってたんだけど
枠に入りきれなかった(汗)

先生である、URAさんのノウハウを頂いて
やっとこ形になって、
こんな素敵な物になって…♪


.


素敵過ぎぃぃぃ♪
(≧▽≦)

自我絶賛(爆

友達からは
「手作りって言うのが凄いよね。こんなのが手作りって…」
と、ビックリされましたが
喜んでくれました。
周りの評判も良かったし、
楽しかったぁ。

いつも元気な友達が、
ちょっと暗かったのが気になるな。
メールの様子もイマイチだし。
元気になってねぇ〜!!!


次は何を作ろうかなぁ…、…。
…。
…。

って、悠長に構えてる暇は無いな。
沢山あるんだった(汗
posted by みぃ at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 彫金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月07日

リング♪

オーダーで購入した、
センセイ作の、ゴールドのリングと、

私が必死こいて作った
ピンクゴールドのリング。
(センセイの修正あり -汗-)

うん。
ティファニーに並べてもいいわ♪
と、自画自賛☆

ring.jpg

超可愛い♪
(≧▽≦)

地金が安かったらなぁ…
posted by みぃ at 14:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 彫金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月17日

輝かしい明日を夢みて

花言葉です。


そんな素敵な花言葉を持つ花は

「ペンタス」


1.jpg

これをモチーフに、
次に何かを作ってみよう。

新しいことを始める
自分の為に。

…。

…作って貰おうかな?(笑)


勢いで振り込んだ受験料。
安くない。
でも、一歩踏み出さなきゃ何も始まらない。

テキストさえ、まだ届いてない。
でもやれるだけやってみよう。
posted by みぃ at 11:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 彫金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月31日

オーダーアクセサリー

「自分で作れたら、安く済むかな?」

私が、一番最初に彫金に興味を持った時は
もしかしたら、そんな感情だったかもしれない。


6〜7年前かな?
バリに行った時に、
シルバー工芸品の工房を見学に行った。

「銀は柔らかい金属です。
だから、銅を混ぜます。」

そう、カタコトの日本語で説明されたのは
裏庭の屋根が無い場所だった。
女性が持つ、その鍋の中には
メタリックな輝きと、
硫酸銅と思われる青い液体が混ざって
健康的とは言えない、不気味な色が光っていたのを
今でも覚えてる。

でも、何故だろうね。

作りたいと思ったんだ。

電気も来てるのか、来てないのか分からない
その工房に隣接したお店の、
埃っぽいショーケースの中に陳列された
工芸品を見ながら。


そういえば、むかーーーーし
アクセサリーや、石に絡んだ本を読んでたな…。


結局、興味があったんだ。


先日、彫金の教室中に
1人の青年が、オーダーアクセサリーを受け取りにきていた。
彼女へのプレゼントだって。
オーダーするって、凄いよね。

作り手の気持ちも、
依頼者の気持ちも、
沢山詰まった、世界でたった1つのアクセサリー。

嬉しそうな青年の声が聞こえてきて、
私まで嬉しくなった。

「自分で作った方が安いかも」
と、過去に私が思ったか、思ってないか、
それもよく分からないけれど、
今は…
自分の物よりも、
プレゼント用のアクセサリー作成に必死。



「会いたい。会いに来て欲しい。
近いうちに来れない?
家、掃除したの。今なら泊まれるから。」

いつものような元気は…そこには無かった。
彼女の泣きそうな声が
受話器の向こうから聞こえた。

「ごめん。すっ飛んで行きたいけれど
今は行けない…日帰りになっていいなら…。」

うつ病が再発したと、20年来の友達からの連絡だった。

「日帰りなら、2時間くらいしか会えないじゃん。
1日中、一緒に居たいよ。」

東京⇔福岡
近いようで、まだまだ遠い。
こんな時は、地球の果てのように遠く感じる。
彼女からしてみたら、
やっとの思いで電話してきたんだろう。
私が、カウンセラーの学校に通ってる事は…
まだ言ってない。

「ねぇ、急いでプレゼント贈るから!!
とりあえずは、それを私だと思って持ってて!!」

シルバー職人になったの?と、少し明るい声がした。

仕事が終わって、家に帰り着いたのは…
12時を回っていた。
日付が変わってるし。
明日も仕事だし…。

…でも、作ろう。
デザインだけでも、作ろう。
これは作らなきゃいけない。


オーダーアクセサリーには、
きっと沢山の素敵な想いが詰まってる。

いつか、
そんな想いが詰まったアクセサリーを
色んな人に作れたら…
想いを届けるお手伝いが出来たら…
素敵だな。
posted by みぃ at 02:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 彫金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月14日

指が欲しいっ!

DVC00047.jpg


作るのに十分な指の長さが…
(┰_┰)
欲しい。

あと1センチ…どうして無いんだろう。


DVC00049.jpg

同じように作れるように…
なってきたかな…。
外側はいいけど、内側はまだまだだ…。
posted by みぃ at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 彫金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月11日

使うより慣れろ。

技術も無いけれど、
作りたい物を作る為の…道具も使えない。
使いこなせない。
くぅぅ。

0511-1.jpg

で、彫って(?)みた。

0511-4.jpg

手を加えたら、加えるだけおかしな事になる…。
我が家の犬をよく見てるはずなのに
骨格が掴めてないのかな?

うーん、平面を立体にするのって難しい…。
posted by みぃ at 22:19| Comment(5) | TrackBack(0) | 彫金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月28日

基本って…

DVC00019.jpg



小さい頃…早く好きな曲を弾きたかった。
でも、基本の楽しく無い練習からスタートだった。
グレードの試験を受ける為には、曲を楽しく弾くだけではダメで、
聴奏やら即興やら、私的にはあんまり楽しく無い練習も多かった。


楽器を取り出して、すぐに譜面と向き合うわけでは無かった。
音出しに、ロングトーンを必ず最初にしなきゃならない。
入部当時は、体力作りとの名目で数`を毎日走らされた。


難しい数式を解くときにも、前の章が出来て無ければ、理解も半分だったし、
何よりも、足し算、引き算が出来なきゃ辿り着かない場所だった。

ラケットを片手に、すぐに試合をするわけじゃないし、
ひたすら走って…素振りや、クリアだけの日だってあった。


エレクトーンに、吹奏楽に、勉強にバドミントン。
どれも、究極を極めたわけじゃないけれど、
どれも、基礎の練習があった。

今思うのは、
基礎固めが出来た人が強いんじゃないか?って事。
運や才能だけの人も、世の中には居るかもしれない。

けれど、イチローでさえ…練習をすっ飛ばしてマウンドに出たわけじゃない。

練習せずに、試合に出て…勝つ事もあるかもしれない。
運と、持って生まれた才能により。

けれど、勝ち続ける事は出来る??

どれだけ基本を抑えるか…で、能力の伸びも違うような気がした。

しばらく作品作りは…お休みで、ヤスリに使われるより、使えるようになるのが先かも。
posted by みぃ at 09:19| Comment(7) | TrackBack(0) | 彫金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月18日

2作目

1個作っただけで、
意気揚々になった私なのだけど…
さすがに、2個目でコレは苦戦。

silver-2-1.jpg

「無理」
とか
「駄目」
とか、
「出来ない」
とか
何かと日常で聞かれる言葉。

でも…、
教室に行ってる時は、
全然無い事に気付いたのがこの時。

世の中には、
どうしたってマイナス的なニュースが多い、
このご時世。
どうしたってマイナス発言から逃れられない、
この社会。

それでも、教室に居る時間だけは
マイナス要因が排除される。
本当の所、
はまった1番の理由はソコかもしれない。

そして…
やっぱり大事だよね。
1日のうちに、絶対に自分と向き合える時間って。

家に帰って、彫り彫りしてると
何もかも忘れてる自分が居て、
ものすごく、充実してる自分が居て
何気に考え事とかも出来て
しかも、色んなアイデアが生まれてきて
出来上がれば、ものすごい達成感が得られるなんて
なかなか無いよね。

そんなわけで、初めて数ヶ月なのに
自分にとって…、
とても大切な時間になってしまいました〜♪
posted by みぃ at 16:34| Comment(3) | TrackBack(0) | 彫金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月17日

彫金との出会い

カウンセラーの学校に行きだして
半年もしたら友達が出来るわけです。

ある日、学校で…
「見て〜!これ、作ったの〜っ♪」
と、飛び込んできた話に
「わぁ、すごーい!」
と、群がる友達一群。
彫金をはじめた〜と言う友達の一言に
食いついた、私…

『何処で?!?!!!!どうやって作ってるの?
粘土??え?違うの???行きたい、やりたい!!!』

出会いなんて、そんなもんだよね(苦笑)


以前、やりたくて探した時に
銀粘土から作る教室しかなくて
粘土細工が嫌いな私は、さっさと諦めた。
見学にも行かずに。

だって、本当に粘土は嫌いなんだもん。

幼稚園の頃から年賀状には芋版を作っていて
そんな頃から彫刻等を握ってたせいか
彫り物に関しては、たぶん、
凄い上手かったと思う(笑
自画自賛ですよ?もちろん。
でも、周りの子達より、明らかに上手かったと思う。
自信あったもん。

そんな感じだったから、
粘土よりも“彫り”がいい。

“彫金”って名前から
“彫り”を思い浮かべたものの
粘土って聞いて、
「はいパス。無理。」
って諦めてた…もう8年くらい前???

それが、久しぶりに聞いた「彫金」のキーワード。

「見学に来る?来ていいよ〜」
って言葉に、即答。
「行く!!!いつ?!?」


時期は12月。

会社が年度末に向けて、
忙しくなる頃。
超激務になるのは目に見えてる12月。
年度末を越えた、4月からスタートしようと思いながら
友達が行く日に合わせて、残業を切り上げ
サッサと会社を抜け出して足早に向かう。

しかし…

教室について…友達が作っているのを見たら
ソワソワ、ソワソワ。

何もせずに見てるだけ…とか、
もともと性分に合わない私。
それが、
目の前に憧れの作業をしてる人が居るとなれば、
…ねぇ…。

よほど、ソワソワ感が出てたのかしら?

「…やる??」

先生だったか、友達だったか…
完全に、その時の事は覚えてないけれど
声をかけられてしまった(笑

『( ̄▽ ̄*)♪♪♪♪やるー!!!やるやる〜!』



これが、
まだ漠然としていて見えないけれど、
私の人生を変える何か…との、出逢いでした。

silver-1-1.jpg
<<1作目>>
posted by みぃ at 11:58| Comment(5) | TrackBack(0) | 彫金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。