2011年03月27日

ニュースより

東日本大震災の被害状況が
未だにはっきりとしないまま2週間が過ぎました。
実際に、被災しないと本当の気持ちは分からないだろうな…と
日々ニュースを見ながら心が苦しくなります。

そんな中、1つのニュースが。

本文そのまま引用です。



「愛犬、83歳女性救う…散歩コースと逆の高台へ」

東日本巨大地震による大津波で壊滅的な被害を受けた岩手県宮古市で、
愛犬に命を助けられた女性がいる。

津波襲来までの30分間、愛犬は興奮した様子で
女性を高台にぐんぐん引っ張り、安全な避難所に導いた。

女性は、海岸から約200メートルの
同市田老川向(たろうかわむかい)に住んでいた赤沼タミさん(83)。
メスのシーズー犬「バブ」と
自宅の居間でくつろいでいるときに地震に襲われた。
蛍光灯が消えると、バブはせわしなく走り回り、
尾を強く振って鼻をクンクン鳴らしたという。

赤沼さんが「散歩の時間にはまだ早いのに」と思いながら、
玄関先で首にリードをつけていると、
防災無線が大津波警報の発令を知らせていた。

田老地区で900人以上の死者・行方不明者が出た1933年の昭和三陸地震を体験した赤沼さんが「避難しなきゃ」と玄関を開けると、
バブも勢いよく飛び出し、いつもの散歩コースと逆の高台へ向かった。

赤沼さんの歩みが緩むと、バブは振り返って
歩みを促すようなしぐさを見せ、追いつくと勢いよく前へ出た。
それを繰り返すうちに、自宅から約1キロ離れた避難所への急坂を
一気に上りきっていた。

振り返ると、歩いてきた道は津波にのみこまれ、
自宅も濁流の中に。普段は散歩も嫌がるバブの行動に、
赤沼さんは「津波を予知してたのかも」と不思議がる。

バブは今、近隣地区の集会場で赤沼さんら住民約60人と避難生活を送る。
12歳の誕生日にあたる23日には、お気に入りのピンクの服を洗ってもらい、
うれしそうなしぐさを見せたという。(浅見徹)

(読売新聞より)


動物の不思議な話はたまに耳にする。
素敵な話ですね。
心がホッとしました。
12歳のシーズと、83歳のおばあちゃん…
避難所生活で、ストレスも溜まると思うけれど
2人で健康に長生きをしてほしいと願います。
posted by みぃ at 10:41| Comment(2) | meak 〜犬との生活〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なんだろうね、この不思議。
単なる「動物の勘」とかじゃ済まないよね…

おばあちゃんを思うワンコの想い。
ワンコを想うおばあちゃんの想い。

あぁ…ホントに良かった…
あぁ…ホントに良かった…
Posted by ちび at 2011年03月27日 21:27
家族だし、愛だよね。
あのね、たぶん、ミークはね
戻ってくるんだ。
私のもとに。
私がOKになった時にね♪
意味不明やろ?(苦笑
Posted by みぃ⇒ちびちゃん♪ at 2011年05月10日 23:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。