2011年03月27日

ニュースより

東日本大震災の被害状況が
未だにはっきりとしないまま2週間が過ぎました。
実際に、被災しないと本当の気持ちは分からないだろうな…と
日々ニュースを見ながら心が苦しくなります。

そんな中、1つのニュースが。

本文そのまま引用です。



「愛犬、83歳女性救う…散歩コースと逆の高台へ」

東日本巨大地震による大津波で壊滅的な被害を受けた岩手県宮古市で、
愛犬に命を助けられた女性がいる。

津波襲来までの30分間、愛犬は興奮した様子で
女性を高台にぐんぐん引っ張り、安全な避難所に導いた。

女性は、海岸から約200メートルの
同市田老川向(たろうかわむかい)に住んでいた赤沼タミさん(83)。
メスのシーズー犬「バブ」と
自宅の居間でくつろいでいるときに地震に襲われた。
蛍光灯が消えると、バブはせわしなく走り回り、
尾を強く振って鼻をクンクン鳴らしたという。

赤沼さんが「散歩の時間にはまだ早いのに」と思いながら、
玄関先で首にリードをつけていると、
防災無線が大津波警報の発令を知らせていた。

田老地区で900人以上の死者・行方不明者が出た1933年の昭和三陸地震を体験した赤沼さんが「避難しなきゃ」と玄関を開けると、
バブも勢いよく飛び出し、いつもの散歩コースと逆の高台へ向かった。

赤沼さんの歩みが緩むと、バブは振り返って
歩みを促すようなしぐさを見せ、追いつくと勢いよく前へ出た。
それを繰り返すうちに、自宅から約1キロ離れた避難所への急坂を
一気に上りきっていた。

振り返ると、歩いてきた道は津波にのみこまれ、
自宅も濁流の中に。普段は散歩も嫌がるバブの行動に、
赤沼さんは「津波を予知してたのかも」と不思議がる。

バブは今、近隣地区の集会場で赤沼さんら住民約60人と避難生活を送る。
12歳の誕生日にあたる23日には、お気に入りのピンクの服を洗ってもらい、
うれしそうなしぐさを見せたという。(浅見徹)

(読売新聞より)


動物の不思議な話はたまに耳にする。
素敵な話ですね。
心がホッとしました。
12歳のシーズと、83歳のおばあちゃん…
避難所生活で、ストレスも溜まると思うけれど
2人で健康に長生きをしてほしいと願います。
posted by みぃ at 10:41| Comment(2) | meak 〜犬との生活〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月23日

何か違う…。

最近、ペットショップに
ヒマさえあれば、ふと立ち寄って
ゴールデンの姿を探す。

大型犬が入ってる機会は少ない。

先日はチャコールのラブがいたけれど、
う〜ん…やっぱりゴールデンがいいかも。
と、思い帰宅。

そして、最近は小型化してる。
ラブラドールや、ゴールデンが。
チャコールのラブも、足が細くて
「大型犬ですよね?」って聞いたくらい。

ズドンと足が太くて、
コロコロしてて、ヨタヨタしてて、
クマのぬいぐるみみたいな…大型犬の仔犬って
本当に可愛い。

先日、ペットショップに行った時…

いた。
ゴールデンの仔犬っ!!!

110320_170907.jpg

meakより、全然美顔で
meakより、毛の色が濃くて
meakより、1週間遅く産まれていて
meakとは違って男の子で
そして、何より…
meakより、小さくて、小さくて、小さくて…
周りにいた小型犬と、大差無かった。

「最近は女の子だと20キロ前半なんですよ〜」
と、店員に言われた。

犬を抱っこしたら、ペロペロ舐めてきて、
ちょっと慣れたら私の腕の中で、モゾモゾ動きだす。
…(苦笑)
meakも、落ち着きなかったよなぁ〜
でも、もっとドンってしてたかも。

昔の色んな事を思い出す。

そのまま抱いて帰りたい気持ちにもなりつつ
でも、meakと違う姿に
「…違うんだよなぁ…もっと、こう…」という気持ちも拭えず…
今回は断念。

断念しつつ…meakじゃない犬を受け入れる事が
出来るのかしら?と自問自答する。
まだ、新しいパートナーを受け入れるのは早いのかな?

この仔犬に対して、思う。
「イイ人に出逢えますように。」
「家族として大事にして貰えますように。」
「寂しい思いをせずに、一生を終える事が出来ますように…」

そんなこんなで、再び縁を求めて漂流する。


東日本震災の報道を見て涙する。
「犬を探しにきました。」
「そこに居ました〜!」

meakをどうやって守るか、
家族と話をした事があった。
新しく家族を迎えるとなると、
再び、そういう事も考える必要があって…

うん。もう一度、仕切り直し。
posted by みぃ at 00:31| Comment(0) | meak 〜犬との生活〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月15日

…(滝汗

本文が消えた。

…ショック。

明日書く。



昨日書いたブログの文章が
とてつもなく変だったので手直し。

もともと文章は下手なんだけど、
疲れてるせいでなおさら…よね。うん。
そういう事にしましょう。

さて、火曜日か。
頑張ろうっ!!おぅっ!!
posted by みぃ at 00:18| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月14日

震災

3月11日に発生した大地震。
東北地方の壊滅的なダメージの状況も
未だにはっきりしないままで、
友人の安否が気になるところ。
でも…どうやら、
mixiにアクセスしたっぽい形跡があったので、
無事って事??!と思い、少し嬉しくなっています。

私が以前住んでいた場所も、
震度5強〜6の地震に見舞われています。
友人達と何とか連絡が取れて、
とりあえず安否の確認をしましたが、
まだまだ余震の心配があり、不安は尽きません。

原発も落ち着かず、
付近の方々の心配もさることながら…
東京電力の社員の皆さま、
特に原発内部で業務に携わっておられる方々の健康は?
そしてご家族の方の心配はいかほどか…。

余震の速報が入るたびに
「お願いだから、もう止まって…」
と、祈るような気持ちでいます。

友達とメールを交わす中で
今までに使った事が無いような単語が飛び交います。

「お願いだから、何があっても絶対に死なないで。」

「約束する。絶対に死なない!!」

大きな川の近くに住む友人と
津波の恐怖を話した時に出た言葉です。

怪我してもいい。
行方不明でもいい。
でも、絶対に死なないで。

そんな事を、考えた事もなかったから、
口にした事も無かった。
大きな出来事が起こってから、
何もない日々の平和を実感します。

福岡でも、数年前に西方沖地震があり
家族で、何処に逃げるか、
どうやって逃げるか、何を持って逃げるか…
当時は犬が居たので、避難所で犬との過ごし方とか、
車の中で過ごす方法とか、
色々考えていましたが、
最近は危機感も薄れ、忘れかけていたような状態でした。

今回、改めて危機感を募らせたのが、
東京で単身赴任している父の安否。
たまたま、連絡がすぐに取れ、
寸断状態の通信網の中にも関わらず、
そのままメールのやり取りが出来たので、
交通情報や、開放されている帰宅難民用施設の情報を送信し、
さらに都内では通じない連絡も、
県外の私たちとは通じるという利点(?)があったので、
都内の親戚と連絡を取り、
深夜3時半という時間にはなりましたが、
父を親戚のところに誘導する事が出来たので、
父の不安度合いは低かったように思います。

これを機に、家族で連絡の取り方を再度確認しあいました。

何も起らない幸せな時間が、永遠に続く事を祈りつつ、
やっぱりちゃんと準備も必要なのかもしれないとも思う、
なんとも複雑な気持です。

安否が確認出来ていないけれど、
どうやら無事らしい友人に、
救援物資を送りたいけれど、
変な物を送って、迷惑になってもいけないから、
もう少し待ってみる事にします。
それよりも、輸送手段が無い…のか…。
う〜む。

とりあえず、関東近県も流通経路が断たれていて
スーパーも空っぽらしいので、友達には
「欲しい物があったら送るからね!!」
と連絡。

飼い主を失った動物達や、
何よりも、家族と離れた子供たち、
きっと今から、
もっともっと明らかになる惨状があると思うと、
悲しいというか、空しいと言うか、
表現出来ない感情が、ぎゅっと心臓を締めつけます。

まとまりないけど、
今回の震災で思った事エトセトラです。

1週間以内での大きな余震が予想されていますが、
もう、何事もなくおさまって欲しい。
心の底から願っています。
posted by みぃ at 00:29| Comment(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月06日

コミュニケーション

コミュニケーションが取れない…

と、悩む学生。

学生間の話では無く、
大人との付き合い方が難しいと考えているらしい。

バイト先、実習先、研修先等々。
年齢層の違う人、
立場の違う人との接触は
学生には苦手とする人が多いかもしれない。

悪い評価をされたらどうしよう?
とか、
言葉遣いが間違っていないかな?
とか、
失敗したくない!とか、
そういう思いを抱えて委縮してしまうのかしら?
と、思っていたら…ちょっと違うパターンも存在する。

話を聞いていると、
「相手が話しかけてくれないから」
「相手が自分に興味を持ってくれないから」
「相手が自分の緊張を分かってくれないから」
などなど…。

ん??
コミュニケーションが取れないのは、
相手のせい??

と、思う事もしばしば。

この場合は、ちょっと時間が経って、
新しい人間関係に慣れてくると、
悩みが吹っ飛ぶ場合が多いように思います。
「あ、最近はもう悩んでません。」
と、アッサリ言われる事も☆

とても、いいことです♪

慣れるまでは、胃が痛くなったり、
変な汗をかいたり、
物凄く疲れたり…ってするけど、
今一度考えてほしい。

新しい場、新しい出会い、は誰しも経験してると思います。
その中で、長く長く、永遠に続いた緊張状態ってありますか?

思い出してください。

きっと、しばらくすると
気心知れた関係が何処かに成立して、
ドキドキしたり、夜眠れなくなりながら通った事さえも、
懐かしく思ったりしませんか?

もしも、コミュニケーションが取れない状況が何カ月も続いて
心苦しいなら、
何処でもいいので、カウンセラーさんの門を叩いてみてください。
…相性のイイ人に出逢えるまで。

重い心が軽くなる相手に、きっと出逢えるはずです。

3月は、別れの季節。
4月は、新しい出逢いの季節。

沢山の笑顔がこぼれる季節になりますように!
posted by みぃ at 21:45| Comment(0) | メンタル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月05日

さて、

いつの間にか3月。

毎年の事ながら、あっと言う間にこの時期が過ぎてしまって
「仕事以外、何もしてない…」
と、いう状況に陥る私です(汗

ここんとこ、私の周りでは
何かをスタートする人が多い。

最近出逢った人も、
「えぇ?!」って絶句しちゃう事を
サラリとやってのけちゃって4月から再スタートするし、
(…って本人はサラリって気持ちでは無いのだろうけど)

あと一歩を踏み出せず…な状況ではあるけど、
着々と準備を進んでいる人が居たり、

去年からスタートした事が、
そろそろ軌道に乗り始めた人だったり…

10年近く思いを温めてきて、
日本全国走り回って、やっと会社を起こした人がいたり。

うわぁ〜、すごいぃぃ!!って、
ひたすら感心しちゃいます。

みんな近い年齢って部分が、また刺激的。

何かを始めるのに、年齢は関係ないと言うし、
私も、そう思うけれど
ある程度、社会人を経験してきて、
そして、何かを始めるのにまだ十分な若さがあるって
凄い強みじゃないかしら?と思ったりする。

頑張ってね〜っ!
ずっと応援しています!

…って、応援ばかりじゃなくて、
私もいい加減…始めなきゃ…??いけない?

応援の、お声は頂きますが…(汗

現実的な問題として、収入だとか、時間だとか
そういうのを考えたら、何かをスタートするって
本当に難しい…というか、不安が多い。
自分の人生の責任を負う勇気もない。

だから、
現職の仕事を辞めてどーのこーのってトコには
全く至ってなし、
そうするつもりもない。

けれど、
何歳になっても出来る事、スキル、思いは
持ち続けていたいとも思う。
まだまだ、学ぶ事も沢山あるし、
学びたい事も沢山ある。

仕事の合間に、
どこまで出来るか分からないけれど。
人生が1回しか無いって事を考えたら、
やれるだけはやっておきたいかな♪

さて…
今月の新月。
月に1度の振り返って自分を見つめる日。
今月は何が見えるかな?
posted by みぃ at 02:40| Comment(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。