2010年10月30日

ありがとう。

2010年10月22日 22時過ぎ…

14年9か月と5日。
大型犬にとっては、長いと思われる一生を終えた、最愛の家族。
【犬】って括りにしてしまうには、
あまりに軽すぎる、
私にとっては、かけがえのない存在。

私がまだ学生だったあの日、
母の友人宅で仔犬が誕生した話を聞き、
とりあえず「見に」行ったのが…彼女との出会い。

母の友人が「この子、迎えない?」と私の手に抱かせたのが
ミークだった。
兄弟の中でも、一番やんちゃで元気で、
正直“手に負えない”タイプの子。

そんな彼女が、初対面の私の腕の中で
暴れるわけでもなく、ゆったりとくつろいだ時から
手放せない存在になっていた。


…あの日から、15年近く…彼女は幸せだっただろうか?
私は、彼女に幸せを与えられただろうか??

最後の最期で…
家に帰らなかった私を…彼女は精一杯…
待っていたんじゃなかろうか?

ここんとこ、仕事で帰るのが遅くて
それでも、ギリギリ22時までには帰り着いていた。
でも22日は…帰り着いたのが23時。

「22時過ぎにね…」と、泣きながら母が言った。
まだ、温かい身体に、
いつも通りの寝顔に
何の言葉も出なかった。

帰省してきた妹が言った。
「私は間に合ったんだけど…」


いつも通り、帰っていたら…。
22時過ぎって事は…
いつも私が帰る時間までは…と、待っていたんじゃなかろうか??
そんなに仕事を頑張る必要があっただろうか?

ミークより大事な物なんて、私にあったんだろうか?

ねぇ、ミーク。
私は、イイ家族だった?


 ・・・・・・・・・・・・・・・


数か月前から、ミークの声を全く聞かなくなった。
いつもなら、美味しい物を見ると
「くれ!くれ!」って言っていたのに、
何も言わなくなった。

何でだろう?と、母と話はするものの
理由も分からず…。

9月に入ってもまだまだ暑かった頃、
ミークの身体が一回り大きくなった。
太ったとかじゃない。
明らかにおかしい…“むくみ”のような感じ。
暑い夏のせい?
でも、やっぱり変っ!!!と、病院に行く。

それが、1か月前。

血管肉腫が見つかり、
獣医からは「1〜2週間」と言われる。
年齢云々も、見つける時期云々も関係無く、
場所が場所だけに、手の施しようは無く、
命尽きるのを待つのみと告げられる。

でも、ミークは…
獣医師の予想を反し1か月も頑張ってくれた。

軽く息切れをしながら、
それでも自分の足で、何とか歩き、
自分の口で物を食べて…
それこそ、最期の最期まで、命尽きるその時まで
いつもと変わらない日常を送っていた。

彼女は言葉にしないから、
どれだけ苦しかったのか分からないけれど、
それでも、彼女の好きな物を用意したら
目がキラキラとして、足取りも軽くなって、
「生きよう」とする力があったんだ。

ミークが旅立つ前日…
なんとなく様子がおかしくて、
夜更かししながら、ずっと彼女を撫でてた。

「明日も仕事やろ!早く寝なさいよ。」と、母。

夜は、平日と休日とを分けて
母と私で交互に面倒を見てた。
その日は母の番。
後ろ髪引かれながら、私は自室で就寝。
あの日、一緒に過ごせば良かった。


 ・・・・・・・・・


24日(日)から、私の1週間の出張が決まってた。
その次の週は母が入院する事も決まってた。

2週連続で、私と母が入れ替わりで居ない状況があったんだ。

タイミング的には、
一番ベストだった。
でも、一番のベストは…来年の1月に15歳を迎えた後が良かったよ。


 ・・・・・・・・・・


出張から帰ったら、
ミークを介して出会った人たちから
沢山のお花が届いてた。

ミークが居たから出会えた友人が居る。
いつの間にか、10年以上の付き合いになった。
お互い学生だったのに、社会に出てもう2桁だよね。
友人のトコのワンちゃんも、数年前に他界。
不思議な縁を引きよせてくれた。

ミークが居たから、仲が深まった友人が居る。
出会った人が同じゴールデンを飼ってたから、
話に花が咲いて、一気に仲良くなった。

母の周りにも、
ミークを介して出会った素敵な友達が居る。


うん。ミーク。
あなたは、私の横で息づいてる。
私も周りに、素敵な物を沢山残してくれた。

犬嫌いな友達が、ミークなら触れるようになった。
動物嫌いな祖母は、犬好きになった。
友達の子供も、
幼馴染の子供も、
ミークと一緒に遊べたんだ。

やんちゃだった時期、
手に負えなかった時期、
そんなのも超えて、立派なレディになったから、
1〜2歳の子を相手に出来るようになったもんね。


自慢の家族だよ。
私は、いいパートナーだった?
だったよね。
そう思っておくよ。

同じ布団で寝て、寒い冬に布団を取り合って…
外にミークのお家も建てたのに、
その中で寝てたのは私だけって事もあったし、
洋服には何着も穴が空いたりしたし、
何故か、会社の引き出しにまでミークの毛が入っていたりして…

思いだしたら切りがなくて、
どれだけ流しても止まらない涙の処理に困ってるよ。


 ・・・・・・・


また、散歩に行こう。
必ず、会えるから。

私ね、これから先の人生の中で、
また犬を飼うかもしれない。
ミークと過ごした日々が、楽しかったんだもの。
でも、決して忘れないから。
世界で一番愛してます。

「ミークより愛せる人じゃないと、結婚出来ないよねぇ〜」
ってよく言ってたじゃない。
想い出に勝てるような人って、出てくると思う???
なかなか無いよ、これ。(苦笑)
でしょ?


沢山の、ありがとう…。
posted by みぃ at 23:20| Comment(4) | meak 〜犬との生活〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月28日

日々。

image/2010-10-28T14:01:37-1.jpg


…。

書こうと思ったけど、
書けないや。

…まだ。



ただいま、出張から帰り中。
洋上です。

青い海と、青い空に、
ほんの少し癒されつつ、
仕事や、先輩に気を紛らせて貰って過ぎてゆく1週間。
感謝。



まだまだ頑張れ、私。
posted by みぃ at 14:02| Comment(0) | メンタル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月12日

初志貫徹とか、努力とか。

最近、夢を掴む大きな1歩を踏み出す人が、
私の周りに増えてきた。

何年も努力してきて、
それが実を結びかけてる人達。

「私は、この数年…何をしてきた??」

と、自問自答してみたら、
何か1つを頑張るなんて、程遠く…
気付いたら、仕事だけしてる感じになってた。

それは、それで、力になってると思うけど、
何となく自分に納得がいかない。
中途半端になってる事達を、とりあえず1つずつ終わらせなきゃな。

数日で答えが出るような物ばかりじゃないから、
やり遂げる為には、時間だって、努力だって、沢山必要になる。
だから、続かないんだけど…

でも…

みんなそう。

手探りしながら、
迷いながら、
不安になりながら、
それでも、未来の自分の姿を頼りに頑張ってきたんだよね。

のらりくらりしてちゃ、ダメだな、私。
継続はチカラなり…か。

我が家の犬も、
1日、1日を頑張って生きてる。
私も頑張ろう。
posted by みぃ at 10:13| Comment(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。